神棚のおはなし

神棚は、神社でいただいてきたお神札をおまつりする神聖な場所です。
家族と家庭の守りの中心として大変重要なものであり、家族そろって神棚に手を合わせますことは日本の伝統、先祖伝来の美しい風習です。

神棚のまつり方とお参りの仕方

生活の中心となる部屋の清浄な場所を選び「東向き」または「南向き」に祀ります。
お参りの仕方は、神社の参拝と同じで「二拝二拍手一拝」です。朝は家族の健康と安全を願い、一日の終わりには平穏無事に過ごせたことに感謝してお参りします。
また、お祝いごとのあったときなどは、その都度神棚にその喜びをお伝えし、神の恩恵に感謝してお参りしましょう。

神棚がない時は

御神札おまつりの例小型の宮型です。壁掛けにもできます。神棚がなくても、タンスやロッカーの上などをきれいにして、そこに祀るのであれば問題はありません。できる範囲で御供物をし、常に清浄を心掛けましょう。
また壁掛けにもできる小型の宮形もあります。お札の向きについては神棚同様、東向き(西側の壁)または南向き(北側の壁)にお祀りします。 北または西を向いてお参りする形です。現在神棚の無いご家庭や事業所は、この機会に神棚をおまつりになってはいかがでしょうか。
大切なのは神様にお守りいただくという気持ち、日々の感謝です。朝には今日一日の無事を祈り、晩には感謝の祈りを捧げましょう。

人間にとって祈ることは自然なことです。
祈りは心につながります。家庭に於ける神祀りは幸せな家庭生活の基となります。
「神棚もなく粗末にしてしまうから」とお祀りしないよりはできることから実践し、お祀りいたしましょう。

[qa cat=”kamidana”]

こちらにないご質問がありましたらお問い合わせフォームにてご質問ください。