地鎮祭

地鎮祭

「じちんさい」とは建物の新築や土木工事の起工の際などにその土地の神様を祀り、工事の無事進行・完了と土地・建造物が 末長く安全堅固であることを祈願するために行われる祭りです。
土地の神々に敬意をはらい使用の許しを得て、工事の安全と生活の平安を祈願するという祭りの意味は、まさに日本人の 生活習慣における伝統や信仰に基づいたものといえます。
地鎮祭は建て主が中心となって執り行う祭儀です。必ず工事関係者も参列し、建て主とともに工事が無事に進むことをお祈り致しましょう。
祭典中は神職がご作法をご説明しながらご奉仕致しますので、皆様は神職の説明にならってご作法を執り行って下さい。

上棟祭

建物の柱立てを終えて棟木を上げるにあたり、建物の堅固長久をお祈りする祭儀です。

竣工祭

建物が無事完成したことを神様に感謝するとともに、建物の堅固長久とそこに入る人々の繁栄を祈念する祭儀です。