天祖神社の年中行事

歳旦祭

1月1日(元旦) 午前0時

一年の最初にあたり、皇室の弥栄と国家の隆昌、氏子・崇敬者の安寧を願う祭りです。

節分祭

2月3日 午後4時

宮中で行われていた追儺式の風習にならい、室町時代以降民間でも行われるようになったもので、豆を撒きながら邪気を払い、福を迎える祭事として今日に伝えられています。
当社でも毎年2月3日夕方4時から祭典を斎行し、続いて神楽殿にて撒き方衆による豆まきを行っています。 撒き方衆の申し込みは年明けより受け付けしています。

初午祭

2月最初の午の日

2月最初の午の日に執り行われる稲荷社の祭りです。
初午の日は、和銅4年(711年)2月のこの日に稲荷神が初めて三ヶ峰(稲荷山)に降臨されたことにちなむもので、全国の稲荷神社では特に重要な日として祭事が行われます。 当社でも境内稲荷社、戸越稲荷社での祭典をはじめ、氏子内の邸内社での祭典も行っています。

紀元祭

2月11日 建国記念の日

神武天皇即位の日『日本書紀』の「辛酉の年春正月庚辰朔、天皇帝位に橿原の宮に即く」とあるのを明治5年、太陽暦に読み替えて、この日を紀元節として祭日に制定されたのにはじまるもので、日本国の誕生を祝う祭典です。

祈年祭

2月17日

御田植祭

5月連休最終日 午前11時

稲荷社の横に神田を設け、毎年5月の始めに御田植祭を斎行しております。 お稲荷様は稲作と関係が深く、お使いである神狐がくわえている巻物には稲作の方法が書かれているともいわれております。そのようなことから当社では御田植祭を稲荷講の講員大祭と位置づけております。
かつてこの二葉の地も田畑が広がる農村地帯でした。そのような土地で現在僅かながらでも苗を植え、秋には初穂を神前にお供えできることは大きな喜びとなっています。
尚、当日お集まりのお子様も田植え体験ができます。

夏越大祓

6月30日 午後7時

祭典大祓とは罪穢れを祓い清める神事です。
6月の大祓を夏越の大祓、12月の大祓を年越しの大祓といいます。
神道では、人はもともと清く綺麗な心を持っていると考えます。しかし、生活している間に曇り、知らず知らずのうちに穢れに触れ、罪を犯し、清い心から遠くなっていくため、祓いによって本来の綺麗な心にかえすのです。
大祓神事では、人の罪穢れを移した紙の人形(形代といいます)を身代わりに清めます。形代で身をなでて息を吹きかけるのは心の穢れを追い出すことを意味しています。
また、大祓にあわせ境内に茅の輪を設けます。
この由来は素盞嗚尊が大勢の神々達と日本の国土に住まいする人等の平和と産業の発展の為に諸国を視察して廻っているとき、ある貧しい一軒の家で(蘇民将来という人)一夜の温かい待遇をうけた事を大変感謝し、「もしこの世に悪疫が流行りだしたらチカヤをもって 輪を作り腰の上にかければ一切の悪疫から免れる事ができる」とお教えになった(備後風土記)というもので、この故事にならって茅の輪の信仰が広まりました。
昔は輪をくぐる度毎に次の歌を誦してお参りをしました。

  • 母の分も一つくぐる茅の輪かな(一茶)
  • 思ふ事皆つきぬとて麻の葉を切りに切りて祓へつるかな(和泉式部)
  • みな月の夏越の祓する人は千歳の生命延といふなり(詠人不知)
  • 宮川の清き流れにみそきせば祈れることの叶はぬはなし(詠人不知)

当社では6月半ばから夏越の祓までと、12月半ばから年越しの祓までの間、形代をお配りしております。形代について、大祓式参列についてのご質問は社務所までお問い合わせください。

形代流神事

毎年7月始め

大祓で納められた形代を海に流す神事です。
当社では毎年7月始めに氏子崇敬者約90名参列のもと千葉県犬吠埼にて厳粛に執り行われます。
参加については社務所までお問い合わせください。

抜穂祭

毎年9月 例祭前

毎年9月の例祭を前に祭典が行われ、稲荷講役員、氏子総代の手により稲刈りが行われます。
刈り取られた稲は神前にお供えされる他、各町会に配られ神酒所や神輿に供えられます。

例祭

9月中旬

神社に鎮まっている神様の縁の日で、神社にとって最も重要な祭典の日です。
神道ではおまつりを大祭、中祭、小祭の三つの式に分類していますが、例祭は大祭であることから例大祭とも呼ばれます。
町内では注連縄が張られ、提灯に点灯し、各町会御神輿や連合渡御が行われます。
境内参道においては奉納提灯が灯り、神楽殿において奉納舞楽の他、氏子有志による奉納演芸が行われ、歌に踊りと大変な賑わいとなります。

例祭の中でも、その神社の創建以来何十年、何百年を記念して行う式年祭がございますが、当社では10年ごとに例年よりも大きな規模での渡御や稚児行列などの行事を行っております。
次回は社名制定370年の平成25年です。
稚児行列は10年毎であったが改め、5年毎に行っています。
前回は平成20年、次回は平成25年です。

新嘗祭

11月23日

五穀を供え収穫を感謝し、御神恩に対する御礼を申し上げます。

天長祭

12月23日

天皇陛下のお誕生日を祝し、日本国のいよいよの発展を祈願致します。

年越大祓

12月30日 午後7時

大祓については夏越大祓を参照下さい。

除夜・御焚上祭

12月31日 午後11時40分

年間最後の祭儀で、一年の無事を感謝し今までお守り頂いたお神札お守り等をお祓いし火にくべます。お神札、御守りは一年間お守り頂いたことに感謝申し上げてから神社へ納めて下さい。
受付は毎年12月20日頃から1月3日まで。(転居など事情がある場合はご相談下さい)
お預かりできるものは、お神札、お守りなど、神社で授与しているものや神棚関係のものです。(他の神社仏閣のお札、お守りも可)

お焚き上げに際してのご注意

  • お人形、ぬいぐるみはお預かりできません。
    (人形祓いを日時ご予約で承ります。お問い合せ下さい)
  • ダルマはお預かりしておりません。お受けになった所へお納めください。
  • 金属、ビニールなど燃やすと有害なものは外してお持ち下さい。
  • 延焼の危険を避けるため、紙には包まずにお持ち下さい。
     特に新聞紙は軽く、火がつくと高く舞い上がり大変危険です。

伝統行事を末永く続けるためにも、ご協力をお願いいたします。
ご不明な点がございましたら社務所までお問い合せ下さい。

月次祭

毎月1日・15日 朝7時 (1月を除く)

1日午前7時より氏子・崇敬者の安寧を願い月次祭を斎行しています。
月の始まりにお祓いを受け、健康で明るい生活を送りましょう。
どなたでも昇殿頂けますので誘い合わせてお参り下さい。
所要時間は20分ほどです。参列希望の方は5分前までに境内に集合ください。
尚、15日は一般参列は受け付けておりません。